HOME > お知らせ

兵庫県立兵庫高等学校 創造科学科「長田ソースの挑戦」成果発表

兵庫県立兵庫高等学校
長田ソースの挑戦
お好み焼き風おにぎり 研究過程

兵庫県立兵庫高等学校 創造科学科 紹介
 創造科学科では、文理の枠を超えて社会科学と自然科学を主体的に学び、日本そして世界が直面している様々な課題に向き合い、未来社会を創造していくグローバルな視野を持った「未来の創造者」を育成します。
 学習活動において、課題研究のテーマに関する国内外のフィールドワークを実施し、自分の目で見聞を広げ、挑戦することが求められています。

活動動機・目的
 「長田=これ!」というような有名なものがない、ということを班員で共有し、長田のケミカルシューズなどの産業と共に発展した食文化に注目。その中でソースを取り上げ知名度上昇を目指した。また、長田区が区民を対象に平成27年に実施した下記のアンケート結果からも長田名物のPRが重要だと考えた。
長田の「ええとこ」のPR強化について
 そこで長田ソースを使用した「お好み焼き風おにぎり」を提案。最終的な目的は、長田ソースを全国に広めること。

研究過程
  1. 1.長田ソースを使用したメニューを考える。
    高校生の視点から、パンケーキやバウムクーヘンなど様々なものに長田ソースをかけたが、おにぎりが一番おいしく、長田のお好み焼き屋さんでよくある「ごはんとお好み焼き」のお好み焼き定食の要素も入っていると思い、おにぎりに決定した。
  2. 2.新長田まちづくり株式会社に訪問し、長田ソースのパッケージに描かれているキャラクターの使用について相談。
  3. 3.試験販売で協力していただく飲食店の方から「ぼっかけ」を入れてみては?という提案をいただく。
    →採用 ※「ぼっかけ」とは牛すじとこんにゃくを甘辛く煮込んだもので長田地区では馴染みのある食材
  4. 4.試験販売 丸五アジア横丁ナイト屋台出店。
    好評につき53個が40分で完売。
    反省点→接客方法や値段
  5. 5.反省点を改善し鉄板粉もん祭り出店。
    200個が3時間で完売、ソースも売ることができた。しかし、長田区民の方に知ってもらえたというイメージはあるが、区外にも広まったかといえばそのような実感はなかった。
     そこで、長田ソースを製造販売しているオリバーソース株式会社を訪問し、ホームページに掲載して誰でもこの活動を知ることができるようにお願いした。

レシピ
 「お好み焼き風おにぎり」のレシピはこちらです。

お知らせ一覧に戻る